So-net無料ブログ作成
検索選択

自分で決める [ハーセプチン]

先日ハーセプチン10回目を受けてきました。
注射は特に問題なく終了ですが、診察時いろいろ気になるところを機械先生に質問してきました。

まず、放射線終了後一年経つのですが、今だに胸が固い事と調度乳首の上辺りが色素沈着というか、若干茶色くなっていて、しこりではないのですが、手術したところと同じように固いのが気になると伝えました。

結果、触診してもらったのですが、たぶん問題ないとの事詳しくは8月のCTで見ますと言ってました。8月って結構先だけど、再発転移がいつ分かっても予後には差がないと言うのを先生は分かっててそう言うのでしょうね。まあ仕方ないかな。

で、次が今回の本命というか、年末くらいからどうしようかなと思っていたホルモン補充療法について、改めて聞いてみました。今月で卵巣がんの手術から1年経つのですが、相変わらずの関節痛、ホットフラッシュはあります。日常生活はまあ、仕事も行けてるし送れてると思うのですが、先の事というか、今私は38歳なのですが通常だったら閉経にはちょっと早いですよね。で、卵巣を全部取ってしまった事による副作用がすごく気になり出したんですよね。

卵巣欠乏症で検索するといろいろ出きますが、認知症のリスクがあがるとか動脈硬化とか骨粗鬆症…今私に起こっている関節痛とか以外でも沢山あるようです。
で、一年(正確には昨年の一月にFECの副作用で生理が止まったので1年3ヶ月かな)でどうなったかというと、体系にはかなり変化がありました。まず、胸が垂れました。この間気がついたのですが、術側と健側でサイズと高さが違います。術側は手術と放射腺の影響か、結構変形して固くて張っている感じ。健側はだらーんと垂れ下がっています。
patudara.gif
こんな感じです。

肌も張りがなくなって手などもしわしわ、体全体が乾燥している感じです。加齢にもよると思いますが一年でこの変化にちょっとびびっているという事もあって、あと、体の表面がこんな感じなら、内部もきっと変化が起こっているんだろうなということもあります。血管とか骨とかもね

卵巣がんの人のホルモン補充療法ってどこを見ても、乳がん既往症のひとは駄目と書いてあるし、実際のところどうなんでしょう?と聞いてみました。

先生は私の今の乳がんのタイプはホルモンをエサに増殖する訳ではないので、受けても良いとの事でした。その時に改めて病理の結果を一緒にみたのですが、見事にホルモン感受性0でしたね。当たり前か…

婦人科の先生と相談して決めて良いですと言っていました。あと健側が乳がんになる可能性ですが、これは検診で見て行くしかないと。とりあえず”今の私の乳がん”に限って言えばホルモンは問題ないとの事でした。

病理結果を見ながら、HER2だしホルモン効かないし、悪性度3だし正直予後って悪いのですか?と聞いたら先生も、Ki67というのも30〜40%だし増殖が早いんだよねーと言っていました。でもハーセプチンがすごく効くのであまり心配しないでと言ってくれました。
ハーセプチンはすごく効くは特に強調して言ってましたね。機械先生にはめずらしく[ダッシュ(走り出すさま)]

Ki67って初めて教えてもらったのですが、これもやっぱり高めだしやになっちゃいますね。

その後、ハーセプチン延長は出来ないのですか?例えば2年打つとかと、卵巣がんの時のタキソテールって乳がんにも効いてましたか?聞いたら、ハーセプチンは今のところ、1年と2年の治療に予後に差が有るというデータがないので術後療法では無駄になると言う事、タキソテールは卵巣がんの投与の仕方でも乳がんにも効いてます。と言っていました。気休めかもしれないけど、そう言われるとうれしいですよね。副作用に耐えた甲斐があったなって。

と言う訳で、今月の婦人科で改めてホルモン補充療法について相談して、お願いしようと思っています。結局ホルモン補充療法を受けてもリスクがあり(健側に乳がんとか)、受けなくてもその他のリスクがありで、自分でどっちのリスクを取るかという事なのかなと思います。

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

あやこふ

ひささん、大変遅れてしまいましたが
お祖父様とのお別れ、お悔やみ申し上げます。
近しい方が旅立たれるということ、寂しいですよね。
色々とお忙しい毎日だったと思いますが、無理なさらずにお祖父様をお見送りする日をお迎え下さい。
治療について・・・どんな治療にもリスクはついてきますもんね。ひささんの負担にならないような治療が決まるといいですね。
by あやこふ (2012-04-10 01:08) 

ひさ

あやこふさん

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
その後、納骨も無事終わりお家の方はだいぶ落ちついてきました。

治療は今の急いでいないので、じっくり考えて決めようと思っています。
負担がすくないのが一番ですよね。
by ひさ (2012-04-24 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。