So-net無料ブログ作成
検索選択

今年最後の診療 [ハーセプチン]

先日ハーセプチン5回目を受けてきました。
針刺しも一回で決めて(さすが機械先生!)特に問題無しでした。

ハーセプチンは特に副作用も感じず楽なのですが、やっぱり更年期が〜〜〜辛いのです[もうやだ~(悲しい顔)]

関節痛がいよいよひどくなって来て、特に右の親指の付け根が痛くて、朝起き抜けはコキコキ関節が鳴る感じで、字を書いたりとかパソコンのマウスを使ったりが辛い時があって大変です。

yubi.gif
ここです

機械先生や点滴中に薬剤師さんともお話したのですが、あんまり痛いなら婦人科の先生に痛み止めを出してもらったらどうかと提案がありました。機械先生も私がホルモン治療で閉経しての関節痛とかじゃなくて、婦人科の方の病気での更年期障害なので口出しにくいみたいで、婦人科の先生にきいて〜って言われちゃうんですよね。

あと、もしかしたら腱鞘炎の可能性とかもあるので(仕事で酷使してるからね〜)整形外科にかかるのも良いかも…??とも言われました。

乳がんのホルモン治療中の方もみなさん更年期障害出たりしてますよね?どうやって乗り越えてますか?漢方はイマイチ効いてないっぽいし…ホルモンパッチが一番効きそうだけど、乳がんの既往症の場合は勧められないってきくしね。婦人科の先生もそれがネックみたいでねー

結局自分で決めるしかないんだけど。。。迷います。

でも考えてみれば私の乳がんはホルモンはマイナスだし、卵巣がんがなければ、FECで止まった生理も戻ってきてて、女性ホルモンとかの方は放置だった訳だし、そう考えればホルモン補充療法でも良いような気がする…

まあ、特に急ぐ訳でもないので、指も全く動かせないってほどでもないし、じっくり考えて決めたいと思います。
出来れば漢方頑張れですね!

お仕事は昨日で仕事納めでした。今日はお家のお掃除で家中の床をぞうきんがけしてやりました!関節痛のおかげで長い時間屈んでいられないですが、頑張りました。えらいぞ私[手(チョキ)]

去年は抗がん剤中だったので何もかも放置でしたもんね。きっと明日は筋肉痛だろうな…でも色々出来るのがうれしいです。

来年はもっともっと元気になると良いなって思います。
皆様も良いお年をお迎えください!
初売りいくぞ〜〜[ぴかぴか(新しい)]

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

先生さよなら!?? [ハーセプチン]

毎日つつがなく過ごしております[ぴかぴか(新しい)]

なんてね。ブログ久しぶりです。寒くなりました[雪]
いやでもハーセプチンに変わってから副作用もなく、更年期障害はありつつもお仕事行ったり、友達と遊んだりしながら、だんだん病気前のような生活が戻って来ました。

漢方はねーひと月飲んでますが、あんまり効いているような感じはしないです。でもゆっくり効くようなのでも今月も飲む事にしました。

で、今日婦人科の経過観察と乳腺のハーセプチンの病院ダブルヘッダーで行ってまいりました。婦人科では、体調良いです、腫瘍マーカー問題無しなどとお話していたら、先生から「僕、今月で大学に戻る事になりました」と爆弾発言[exclamation]

えーマジですか!?主治医変更とかちょっといやだなと思ったら…
「新しい先生も腫瘍の専門医なので大丈夫ですよ。でも曜日がかわっても良ければ、しばらくは週1で外来きますから、引き続き僕が診ますがどうでしょう??」と言われました。

そう言われたら曜日なんてなんとでもするので、引き続き先生お願いします!と言う事になりすよ〜。と言う事でしばらくは診てもらえる事になりました。先生は自分がいないときも体調が悪かったりしたら、すぐ診てもらえるようにお願いしておくので安心してください。とも言ってました。よかったよかった

いやー主治医の移動って他の人で話をきいたりしますが、自分に降り掛かるとは思いませんでしたよ。主治医は比較的若いぽいのですが、大学の医局に戻るそうです。公立病院なので転勤は仕方ないとはいえ、手術した先生がいなくなるってやっぱり不安ですよね。親切で良い先生なんですよーだからなおさらねえ…まあ外来で診てもらえるだけラッキーかな[手(チョキ)]

そういえば、先生といえばちょっと変わっているというか、見慣れちゃっているというか、婦人科って内診があるじゃないですか、あの足ががばっと開く椅子。あれに乗っての診察中に最近いつも「ちょっと痩せました??」って言われます。どこ見て言っているんだろう?股なのかしらやっぱり。先生にとっては日常なんでしょうね。オマタが…産婦人科だし当たり前か!

全然痩せてないんでいつも「いえ変わりないです」って答えますけど、最初はそんなところで言われてびっくりしました。だって最初にふつうの診察室であうんですからね[あせあせ(飛び散る汗)]

koko.gif
ここで聞きますか!

そしてもう一人の主治医機械先生。今日は二つ面白い事がありました。

その1
婦人科で次回予約の相談している時に、なんと27日にハーセプチンの予約が入っていることが発覚。ちょうど3週間後なのですが、もちろん私は知りませんでした。患者の都合も聞かず予約を入れる先生って初めてです。婦人科の先生と一緒に笑っちゃっいました。

婦人科先生「えーと、次はどうしましょうか…あ、27日乳腺の予約入ってますねー」
私「???わたし知らないです〜」
婦人科先生「え、、、」

こんな感じでした。本当にせっかちだな。機械先生は。結局そのままで問題なかったからいいのですが。

その2
婦人科では毎回診察後に腫瘍マーカーの採血があるのですが、今回は乳腺も同じ日だったので、婦人の先生が、乳腺のほうでも腫瘍マーカー計るなら一緒にオーダーしましょうと言ってくれました。
しかし、機械先生は今日はこっちは計らなくていいや、という事で無しに…

その後化学療法があったので、外科の看護師さんが気を利かせてくれて、点滴入れる時に採血もしてくれるように手配してくれました。
で、点滴の針刺しは外科なので機械先生自らするのですが、おかげで先生は自分が関係ない婦人科用の採血まですることになってしまいました。(通常は採血室でやります)

化学療法室にて
機械先生「あれ、採血ここでするの?婦人科の?ふーん…」

先生は処置がお好きなので全然気にしてなかったです。多分。
でも今日は初めて機械先生が針刺し失敗してしまいました。手首横の血管とうとう駄目になったのかしら?結構固くなっている様です。こまったね
ハーセプチンは30分と短いので肘の内側でやることに。機械先生は採血用の注射器に移す時に慣れないせいか、血が漏れちゃって「こぼれちゃった…こぼれちゃったよ」となっていました。すかさず、化学療法室の看護師さんが「後はわたしが…」と引き取って上手い事やってくれました。こっそり後で採血とかの処置はナースの方が慣れているんですよって言ってました。

その後の点滴は特に問題なし。でも2科またがってかかると時間もかかるし、ちょっと疲れました。


そういえば、何日か前にインフルエンザの予防接種を近所のクリニックで受けてきました。
そのクリニックと言えば、3月に私のお腹の異常を指摘してくれたところです。注射前にちょっとお話して「先生のおかげで卵巣がんが見つかって手術できました。先生に言われなかったらきっと、破裂するまで放置していたと思うので、本当に感謝しています」とお伝えしたら、「手術出来る状態で見つかってよかったね。いやあ、やっぱり私ら内科医はお腹さわらないといけないんだねー」と言っていましたよ。

一度、お礼が言いたかったので、伝えられて良かったです。

なんか取り留めもないですが、お医者さんも色々ですね。

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。