So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

乳がん2年と卵巣がん1年検診 [経過観察]

随分ご無沙汰してしまいました…
毎日暑いですね[ダッシュ(走り出すさま)]

ハーセプチンも順調に受けてます。あと3回です。

先月の終わりから今月の初めにかけて、乳がん2年と卵巣がん1年の検診を受けてまいりました。
微妙に中途半端な時期ですが、昨年もこの時期にCTを受けているので今年も8月ということで、まずは7月に乳がんでは久しぶりの腫瘍マーカーを計りました。

5月に会社の健康診断で脂肪肝と言われたのと肝臓のALPという数値が450位と高く、骨転移などがあると上がることがあるマーカーなので心配と話したら、今回の検査では乳がんのマーカーと1CTPとALPも計る事に。

その結果が7月末に出て、それをふまえてCTとなにかあればさらに検査しましょう。ということでした。

最近腰痛があったり、右足の痛みなんかもあって正直、骨転移でも驚かないと思っていました。
結果は腫瘍マーカーは乳がんは問題なし、ただ1CTPは基準値ぎりぎり(前回よりちょっと低い)ALPは480とアップ[バッド(下向き矢印)]

機械先生と骨シンチやるかどうか相談しましたが、結局今回はパスしてしまいました。
CTも撮るのでそれで問題があればさらに検査しましょうと言った感じです。いつもは検査したい派の私ですが、今回はちょっと逃げ腰です[あせあせ(飛び散る汗)]

だってね正直ハーセプチンだけでもちょっとくたびれてて、さらにもし転移が発覚したら今度はエンドレス抗がん剤…そうなったら結果はなるべく遅く知りたいというか、もっと症状出て来てからでもいいかなーと。今そんな気持ちなんですよね

CTの結果は先週婦人科の診察で聞いて来ました。転移は認められずとの事でした。
内診前の診察でそれを聞いて、内診前ってトイレ行くじゃないですか、そこで一人やったと小躍りしてしまいました。ひとまずセーフだわって[るんるん]

卵巣がんは抗がん剤後で一年って考えるみたいで、来月から2ヶ月ごとの経過観察になるそうです。

ハーセプチンは残り三回です。その後はどうするのかな?2ヶ月おき?3ヶ月かな。次回機械先生に聞いてみようと思います。

ハーセプチンは副作用が軽いと言われていますが、実はこれって副作用的な事が最近あります。まずは爪が異常にもろくなりました。2枚爪ですぐ割れてしまいます。マニキュアも除光液がしみて、使えなくなってしまいました。それから、鼻水がつるつると落ちて来やすいです。前までそんなことなかったので副作用かなと思っています。

あと関係あるか分からないですが、右足の人差し指と中指が痺れる時があります。こっちは腰痛からかもしれません。ALPが高いのもハーセプチンの仕業だったりねなんて思っています。

ashinoyubi.gif

なんだかんだいっても抗がん剤だし、肝臓にだって負担はかかるだろうなと思っています。

最近はなるべく病気の事を考えないように(といってもなかなか難しいですが)生活しています。なにか夢中になるものと思ってゲームなどをやったりしています。モンスターハンターとかね。人気があるだけあって面白いです。

ハーセプチンが終わったらどこか旅行に行きたいです。この夏は検査の関係もあって旅行とか入れられなかったので。涼しい秋に温泉とかいいですよね。

楽しくすごしたいです!


ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


脂肪肝とポリープ… [経過観察]

前回、健康診断があると書いたのですが、受けてまいりました。
我が社ではお年寄りは健康診断ではなく、簡易人間ドックとなっていて、健康診断より検査項目が盛りだくさんとなっていました。

内容は、身長体重、目、耳、血圧、血液検査、尿検査、胸部レントゲン、胃のバリウム、腹部エコー、心電図、肺活量、潜血便検査、あと関節の何かの検査(忘れちゃった[あせあせ(飛び散る汗)])、オプションで直腸診(無料)、その他乳がん、子宮がんの検査、腫瘍マーカーなども自費でやってくれるみたいです。

病歴を各欄が乳がんと卵巣がんで埋まってしまい、現在の薬もハーセプチンって書いて良いのかよくわからず、最初の看護師さんからの説明で、質問したり、アルコール綿禁と採血は必ず右でなども、伝えて始めました。


最初にお医者さんとの面談で、がんのことを伝え直腸診を受けました。手術などでいろいろな検査を受けてますが、これは初めて、どんな感じかしらと思ったらあれです、座薬入れてもらうのと一緒でした。結果は問題無し。卵巣がんで転移とか不安だったのでひとまず安心でした。

他の検査も順々に終わらせて(待ち時間は長し…)最後に、またお医者さんとの問診となりました。レントゲンやエコーなど結果がすぐ分かるものを見ながら、説明していただきました。

身長体重で、ぎりぎり通常範囲??お腹周りもメタボ首の皮一枚…ちょっと運動ねーなんて話しながら、エコーを見て「あ、ちょっと脂肪肝ですね」だって、さらに胆嚢に5mmくらいのポリープがあるらしいです[もうやだ~(悲しい顔)]問題あるサイズではないので、経過観察でいいようですが、ショックですね〜〜

脂肪肝って、私はお酒は飲まないので、もう大好きなケーキやジャンクフードとおさらばしないといけないのかしら??結局肥満が全ての元凶ですよね。きっと…運動頑張らないと!

sayonara.jpg
さよなら幸せをくれた食べ物達…

ハーセプチンを打っているので、ひそかに心電図も気になっていましたが、こちらは問題ないみたいです。胃のバリウムと肺のレントゲンも大丈夫みたい。なんか一応、もう一人の先生とダブルチェックしてから、のこりの検査結果と一緒に来月郵送されてくるらしいです。

血液検査で白血球がどのくらい回復しているかがちょっと楽しみです。
抗がん剤終わってから白血球の検査って一度もしていないんですよね〜

こういうのって一応主治医'Sに伝えた方が良いですよね。来週と再来週それぞれの先生に会うので、伝えようっと。きっとやせろしか言われないかと思いますが[失恋]

そうそう、ホルモン補充療法始めました。エストラーナテープという、お腹になどにはるテープの方です。二日に一回張り替えます。どうなるかな?と思ったら特に副作用も今の所なく、ホットフラッシュは無くなりました。

でも関節痛と足のこわばりは無くならず、特にこわばりはきっと手術の後遺症(卵巣がんでリンパを取っている)かな〜と思います。これも先生に聞いてみないとですね。

みんないっぺんになくなって快適になるかと思っていたら、そう上手くいくものでは無いみたい。漢方とセレコックス(痛み止め)を止めたので、併用出来る物(足のこわばりに効くもの)があるかも聞いてみないとですね。

そうそう、骨密度の結果ですが、 107%との事です。平均よりちょっと上との事。女性ホルモン無しなのに私の体よく頑張ってますね^^なんつて
もともと骨太なのも関係しているのかなー??これはよくわからずです。今の所骨粗鬆症の心配はないみたいです。

一つクリアで良かったです。

今月はレディガガのライブに行ってきました。惜しみなく全力で歌って、魅せてくれてパワーをチャージしてきましたよ[ぴかぴか(新しい)]
再来月も観劇の予定を入れたり、行きたいと思ったらなるべく行動に移すようにしています。楽しんで生活したいと思っています[手(チョキ)]

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



発毛の喜び [脱毛とウィッグ]

4月の中頃に祖父の納骨も終わり、つつがなく過ごしております。
その後、ホルモン補充療法ですが、婦人科の先生にお話しして、ひとまず骨密度の検査を受けました。
婦人科の先生は骨が心配なら、ホルモン補充療法より骨の治療をした方が良いという考え方みたい。なるほど一理あるなーなんて思って検査を受けました。
ので、結果は5月なのでその時にまた相談と言った感じです。こっちも急いでないのでのんびりですね〜

ハーセプチンはその後も問題なく。ついでに腫瘍マーカーも問題無しです。


で、最近の私ですが、9月に抗がん剤が終わって早半年、本日ついに美容院再デビューしてまいりました〜〜〜♪
自分では4ヶ月くらいで脱づら出来るんじゃないの??なんて思っていましたが、婦人科の先生は半年はかかるね〜と言っていましたが、本当にその通りでした。

髪は伸びるのが遅いです!特に天辺とと前髪。でも横と後ろはもさもさして来て、もうカツラから出ちゃうし、短過ぎてネットに上手くおさまらないしで、ついでのカツラももう一年近く使っているので、裾がちりちりで限界っぽく、どうにかしようと思い切って本日美容院となりました。


前回行ったのが、乳がんの抗がん剤FECが始まったときで、一年半ぶりかな?なんか気分を変えたくて新しい美容院を開拓して行ってきました。

まず、カウンセリングで特に細かい病名は言わず、「治療で髪が全部抜けてやっと生えて来た状態です。横と後ろだけ伸びていてどうにもならないので、どうにか格好がつくようにしてもらいたいのですが…」と言う曖昧な注文でしたが、担当の美容師さんは「なんとかなりますよ。任せて下さい!」とおっしゃっていただきました。

大きめのお店だったので、こういった治療後の方も来るのか、根掘り葉掘り病気の事を聞かれるで無しにさくさくっとやっていただきました。カットしている時に「なんで横と後ろばかり伸びるんですかね?」と質問したところ、髪の伸びるを司っているのは、前髪と天辺は女性ホルモン、横と後ろは男性ホルモンで、病気の治療をするとホルモンバランスが崩れるので伸び方に差が出るんですよと教えてくれました。

なるほど。私は卵巣を取ってしまったので、女性ホルモンが少ないから(あるいは無いから?)前と天辺が伸びないのね〜と納得しました。
kami_hr.gif
場所によって担当が違うのね[ダッシュ(走り出すさま)]

その後カラーも短いので明るめにしてもらい、セットの仕方も教えてくれました。出来は大変満足しています!帽子無しでもおかしくないです。伸びたねじゃなくて、そういう髪型の人と言った感じです。明日からもうこれで会社に行ってしまおうと思います。一年半長かったな〜しみじみ

後で聞いたら、やっぱりたまに病気の治療後の方もいらっしゃるようでした。やっぱり慣れているのか、どこが悪いのとか癌ですか?なんて面倒な質問はいっさい無しでした。良いお店だったなーまた行こう。

ラスト抗がん剤から今日までの発毛の歴史[るんるん]

hair.jpg
↑クリックで大きい画像が見れます。
上二枚が暗いのは前のふるーい携帯で撮ったからです。スマフォはやっぱり綺麗ですね。画素数も大きいし。
10月8日は抗がん剤終了後ひと月ですが、さすがタキソテールまだつるつるですね。眉毛も無かったなー
11月終わりくらいにやっと伸び始め。FECの時はひと月でこの位伸びてましたね。
2月くらいに結構生えそろった感じ。トップとサイドの差が出始め。
4月にやっと前髪ここまで生えた感じ。ていうか公然猥褻カットだよね。
で、今日です〜〜どうでしょうか?結構明るめにしましたが、短いので目立ちません。
目指せボブです[パンチ]


祖父が亡くなった事も有り、4月から社員で働かせてもらっています。今の会社は半ブラックであまり良い会社では無いのですが(病気でお世話になっておきながら…ごめんなさい)まだ、ハーセプチンも半年くらいかかかるし、なんだかんだ病院に行かなくてはいけないので、理解があるところが良いかなーと思って、お願いしました。

やはり、働く時間は延びましたし、残業代は出ない(ブラックだから…)けど、今住んでいる所はおじいさんの家なので、相続の関係でこの先家を出ないといけない日が来るので、何かと社員の方がよいなと思いまして。給料もお安いの…びっくりした。でも働けるだけましなんでしょうね。
頑張ろう。

そうそう、プール通いも再開しました。ぜんぜん痩せないのですが。。。5月半ばに会社の健康診断があるのでもうちょっと体重減らしたいなと思っています。


ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

自分で決める [ハーセプチン]

先日ハーセプチン10回目を受けてきました。
注射は特に問題なく終了ですが、診察時いろいろ気になるところを機械先生に質問してきました。

まず、放射線終了後一年経つのですが、今だに胸が固い事と調度乳首の上辺りが色素沈着というか、若干茶色くなっていて、しこりではないのですが、手術したところと同じように固いのが気になると伝えました。

結果、触診してもらったのですが、たぶん問題ないとの事詳しくは8月のCTで見ますと言ってました。8月って結構先だけど、再発転移がいつ分かっても予後には差がないと言うのを先生は分かっててそう言うのでしょうね。まあ仕方ないかな。

で、次が今回の本命というか、年末くらいからどうしようかなと思っていたホルモン補充療法について、改めて聞いてみました。今月で卵巣がんの手術から1年経つのですが、相変わらずの関節痛、ホットフラッシュはあります。日常生活はまあ、仕事も行けてるし送れてると思うのですが、先の事というか、今私は38歳なのですが通常だったら閉経にはちょっと早いですよね。で、卵巣を全部取ってしまった事による副作用がすごく気になり出したんですよね。

卵巣欠乏症で検索するといろいろ出きますが、認知症のリスクがあがるとか動脈硬化とか骨粗鬆症…今私に起こっている関節痛とか以外でも沢山あるようです。
で、一年(正確には昨年の一月にFECの副作用で生理が止まったので1年3ヶ月かな)でどうなったかというと、体系にはかなり変化がありました。まず、胸が垂れました。この間気がついたのですが、術側と健側でサイズと高さが違います。術側は手術と放射腺の影響か、結構変形して固くて張っている感じ。健側はだらーんと垂れ下がっています。
patudara.gif
こんな感じです。

肌も張りがなくなって手などもしわしわ、体全体が乾燥している感じです。加齢にもよると思いますが一年でこの変化にちょっとびびっているという事もあって、あと、体の表面がこんな感じなら、内部もきっと変化が起こっているんだろうなということもあります。血管とか骨とかもね

卵巣がんの人のホルモン補充療法ってどこを見ても、乳がん既往症のひとは駄目と書いてあるし、実際のところどうなんでしょう?と聞いてみました。

先生は私の今の乳がんのタイプはホルモンをエサに増殖する訳ではないので、受けても良いとの事でした。その時に改めて病理の結果を一緒にみたのですが、見事にホルモン感受性0でしたね。当たり前か…

婦人科の先生と相談して決めて良いですと言っていました。あと健側が乳がんになる可能性ですが、これは検診で見て行くしかないと。とりあえず”今の私の乳がん”に限って言えばホルモンは問題ないとの事でした。

病理結果を見ながら、HER2だしホルモン効かないし、悪性度3だし正直予後って悪いのですか?と聞いたら先生も、Ki67というのも30〜40%だし増殖が早いんだよねーと言っていました。でもハーセプチンがすごく効くのであまり心配しないでと言ってくれました。
ハーセプチンはすごく効くは特に強調して言ってましたね。機械先生にはめずらしく[ダッシュ(走り出すさま)]

Ki67って初めて教えてもらったのですが、これもやっぱり高めだしやになっちゃいますね。

その後、ハーセプチン延長は出来ないのですか?例えば2年打つとかと、卵巣がんの時のタキソテールって乳がんにも効いてましたか?聞いたら、ハーセプチンは今のところ、1年と2年の治療に予後に差が有るというデータがないので術後療法では無駄になると言う事、タキソテールは卵巣がんの投与の仕方でも乳がんにも効いてます。と言っていました。気休めかもしれないけど、そう言われるとうれしいですよね。副作用に耐えた甲斐があったなって。

と言う訳で、今月の婦人科で改めてホルモン補充療法について相談して、お願いしようと思っています。結局ホルモン補充療法を受けてもリスクがあり(健側に乳がんとか)、受けなくてもその他のリスクがありで、自分でどっちのリスクを取るかという事なのかなと思います。

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






おじいさんを見送る

もう三月ですね。しばらく期間があいてしまいました。
実は一緒に暮らしていた百一歳の祖父が先週亡くなってしまいました。

前回更新した後位から具合が悪くなり、そのまま逝ってしまいました。
2月の始めに百一歳の誕生日を迎えて、だいぶ衰えてはいましたが、その頃はまだ自分で食事もとれていたのですが、その後突然左側がきかなくなり、軽い脳梗塞では?と言われてたのですが(CTなどは撮っていないのではっきりした事はわからないのです。年も年でもう治療のしようもないので、、、)その一週間後さらに体が動かなくなって食事をとらなくなってしまいました。

訪問医療の先生にはずっと診ていただいていたので、色々家族や先生とも相談した結果、胃ろうなどの処置はせず自然に任せる事にして見守ることにしました。

点滴なども訪問医療の先生から「点滴も入れすぎるとかえって痰が沢山出てくるしいこともあります。水分はほしがればあげて、欲しがらなければ、もう体が欲していないという事なので、無理にあげる必要はないです」と言われたので、一日数回声をかけて少しづつあげて、飲み込まなくなったらやめていました。

最後の一週間は親戚もお見舞いにきて声をかけたり、訪問看護師さんや介護ヘルパーさんが毎日来て下さって手伝ってくれていたので、私たち家族も随分助けになりました。

亡くなった日は前日から呼吸が大きくなり、お昼頃から無呼吸を繰り返すようになり、看護師さんや叔父叔母に連絡を取って来てもらいました。看護師さんはこのまま無呼吸の間隔が長くなり、やがて止まってしまうとおっしゃっていたので、皆この日は泊まっていって看取ろうと言う事になっていたのですが、夕方頃なぜか呼吸が落ち着いたので、親戚はいったん家に帰って翌日また来るねと言う事になりました。

その後、家族で様子を見ながら過ごしていたのですが、夜10時過ぎふと目を離した隙に呼吸が止まってしまっていました。
当然ですが体をさわるとまだ温かいし、また回復するかも思いつつ、看護師さんやお医者さん、親戚に連絡を入れたりしました。しかし、午後に来た看護師さんがまた来て下さって、脈に確認などをしましたが完全に停止している様です。先生も来て改めて確認して十時五十分に「ご臨終です」と伝えられました。

後は父と私と看護師さんで清拭したのですが、看護師さんはベテランの方でとても落ち着いていて、いろいろな祖父の思い出など話ながら一緒に行い、丁寧に作業していただいて本当に祖父だけでなく家族としても、気持ちが落ち着く事が出来て良かったです。夜も遅かったのに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

親戚は帰ってしまった事を後悔していましたが、祖父自身はきっと亡くなる前に皆に会えてよろこんでいたと思います。

家で看取るという事に不安はありましたし、実際今ももっと上手い方法や手だてがあれば、もっともっと生きていられたかもという後悔もあります。しかし祖父は家と家族が大好きだったので、お家で見送れたと言う事に関してだけは良かったなと思います。


私は小学生の頃から祖父の家に預けられ、祖母が亡くなってからは二人で暮らしていたので、本当にいろいろと教えられたし、お世話になりました。最後には人がどのように老いて亡くなっていくかと言う事も教えてくれました。

おじいさん本当にありがとう。今頃おばあさんに「遅いわよ!いつまで待たせるの!!」なんて言われているかもしれないですね。

首のしこりの顛末 [経過観察]

先日、ハーセプチン7回目を受けてきたのですが、実はその2週間くらい前に右の首にしこりを発見してしまいました。肩こりがひどいので首から肩にかけてマッサージをしていたら、なにやら固いものがあるじゃないですか[exclamation]

場所は右の首の下よりのところで、さわった感触は自分で乳がんを発見した人はわかるかもしれませんが、あれと同じ感じのしこりで、ほんとギョッとしましたよ。左も念入りにさがすと右よりはかなり小さいけど、ちょうど真反対のところにもしこりがありました。

色々考えて(主に悪い方に[あせあせ(飛び散る汗)])いたのですが、リンパが腫れる事ってたまにあるし、、、という事で一週間くらい様子見をしましたが、しこりは消えませんでした。

ハーセプチン7回目の時に先生に伝えてみてもらいました。が、「うーん、、、よくわからないなー両方気になるんでしょう?じゃ、エコーやろう」という事になりました。

ちょっと前まで診察室にもエコーがあったのですが、今は無くなってしまったので、別室の精度の高い機械でやることになりました。乳がん診断のエコー下の細胞診をした時の機械のようです。
最短で今日の予約が取れたので、婦人科の経過観察もあって、仕事を休んで行ってきました。

朝イチで婦人科、主治医の先生も首のエコーやるのどうしたの??なんて心配していました。婦人科の先生も一応首を触診してくれたのですが、「うーん??どうかな…卵巣がんの方がいきなり首に飛ぶ事は、あまりないので(あるとしたら左の首の付け根辺りと言っていました)何かあるとしたら、胸の方だと思うけど…」といった感じ。その時点でちょっと雲行きが怪しいのですが、私にはものすごくしこりが大きく感じていたので、転移だったらどうしようと思っていました。

午後いよいよエコーです。やっぱりエコー下細胞診を部屋でした。早速右の首から診察してもらったのですが、「うーん写らないよ。何も無し!」左も「こっちもないねー」と先生。

でも、しこりは確実にあるんですよ。固いのが、気になるじゃないですか…!しつこくココですって自分で指差したりしながら(かなり必死の形相だった思います[あせあせ(飛び散る汗)])、何度も見てもらったのですが、「でもね何も写らないよ。骨だよそれ。リンパも写るけどどれも腫れてないし」と言われ、診察が終わりました。

2週間「首のしこり」で検索したりしては凹んでいたので、骨と言われちょっと呆然としてしまいました。先生と看護師さんに「お騒がせしてすいません…[もうやだ~(悲しい顔)]」と言って帰り支度をしていたら、看護師さんが「気になるものね。不安になるのも無理はないですよ…」と慰めてくれました。

何も無くて良かったのですが、しかしねー気になります。骨ってこんなに飛び出てるもんなのでしょうか。もしかしたら見落とし…!!?なんて、2週間悩みに悩んでいたので、妙に疑心暗鬼になっています。サイテーだよ私…

きっと、気にし過ぎで大きく感じているのかも??それは多いにあるかも…
kubi.gif
イメージこれくらい大きく感じいます。もちろん現実は外からみてもぜんぜん腫れていません[たらーっ(汗)]


会社にも家族にも悲壮感たっぷりに「詳しい検査やることになったの」と伝えてしまっので、骨でしたというのが、ちょっと恥ずかしいです。

いや、よく考えると何もないって素晴らしいですよね。私の恥ずかしいなんて小さいことだわ!

でもねーそのしこりらしき骨?でっぱりが消えるわけでもなく、ずっとあるから本当はCTとかやってもらいたいです。しつこい??

一応二人の主治医に確認したら、次のCTは8月を予定しているみたいです。乳がん術後約2年と婦人科抗がん剤終了1年検査をかねているんでしょうね。

でも、マーカーも上がっていないし、骨の事は忘れて楽しいことをして免疫を上げて過ごしたいです。インフルなどはやっていますが、皆様もお気を付けて。

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


卵巣がん手術の時のこと [手術(卵巣がん)]

先日、ハーセプチン6回目を受けてきました。11時くらいの予約で時間があったので、その3日くらい前から左の肩甲骨の辺りが痛むのと肩こりがひどいのと右の親指の件もあって、近所の整骨院に行ってから病院へ行きました。

整骨院では左肩が非常にこっていて、張っているのと親指はバネ指かも?と言われ、電気治療とマッサージを受けてすごい気持ちよかったのですが、病院で先生に報告をしたら「整形外科にちゃんと行って」と言われてしまいました。整形混んでるからねー気後れするんですよね。

とにかくこのところの寒さもあって、肩こりハンパ無いです。左だけじゃなく右もパツパツでつらいなーセレコックス飲んでこれってどうなんでしょう??なるべく肩を動かしたりしてるのですが…
ハーセプチンの点滴は特に問題無しでした。さくっと受けてまいりました。

乳がんの手術の時の事は前にブログに書いたのですが、卵巣がんもそのうち詳しく書こう書こうと思っているうちにのびのびになっていました。忘れる前に書いておこうと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

手術当日の点滴はいるまではこちらの記事入院四日目いよいよ手術 に書いてあります。

当日、お昼から手術だったのですが、前回の乳がんの時と同じように呼び出しがかかって、看護師さんとストレッチャーを押して手術室へ向かいました。手術室では音楽が流れていてオペ担当の看護師さん(イケメン)に90年代のヒットチャートのチャンネルにしてみました!と笑顔で言われました。

きっと、私の年齢だと青春時代のヒットチャートになるので気を使ってくれたんだろうなと思いつつ、その年頃はもっとマイナーな音楽が好きだったので、せっかくなら今の音楽にしてよレディーガガとか元気がでるし…なんて思ってました[ー(長音記号1)]
どのみちすぐ寝ちゃうんですけどねー

今回は事前に点滴が入っていたので、針刺しもなくすぐ麻酔が入ってそのままフェードアウト[眠い(睡眠)]

その後、ものすごい寒さで目が覚めました。ガタガタ震えが止まらないし歯ガチガチといってました。看護師さんかだれかが「シバリングを起こしている」とか言っているのが聞こえました。意識は戻ったとはいえ朦朧といていたのでストレッチャーでリカバリー室に運ばれているなどは良く覚えていません。

リカバリー室ではだんだん目が覚めてきました。一番気になっていたのは手術時間でした。その時はまだ卵巣がんと確定していなかったので、もし良性なら手術は3時間くらい悪性なら5、6時間くらいと言われていたので、まだ日が出ていれば良性だしと思っていたのですが、どうも夜っぽくやっぱりがんだったのかな…?なんて考えていました。

手術に付き添った父が病室にあらわれて「じゃあ帰るから」というのにちょっと答えたのも覚えています。その後すぐ消灯になったので(十時に消灯になります)いったい手術に何時間かかったんだろうなーと思いました。

その後は乳がんの時と同じように長い夜でした。まず最初は寒くてしかたなかったので電気毛布を入れてもらっていたのですが、今度は熱が出て来たようで暑くなり氷枕を持って来てもらったり、腰がすっごく痛くて辛かったり、のどがからからでうがいをさせてもらって、隙を見て水を飲んじゃったりとナースコールを押しまくりで看護師さんに申し訳気持ちでいっぱいですが、その時は辛くてしかたなかったです。

そしてうとうとしながら真夜中だと思うのですが、ちょっとした事件がありました。乳がんのときはなかったのですが、今回は嘔吐予防のためか鼻から胃まで管が入っていました。それと酸素マスクせいかのどはカラカラだしで、なんとその管がぴたっとのどに張り付いてしまいました。どうなっているのかわからず一瞬窒息するかと思って、またナースコールです。きてくれたのは優しい看護師さんで私が管が張り付いて苦しいと訴えると「勝手には抜けないのよ。ごめんなさいね。でも涙目で本当に辛そう…先生に確認して良ければ抜いてあげる」と言ってくれて、先生に確認後不快な管を抜いてくれました。

ちょっと自由になり眠れるかと思ったら、よけい目が冴えて傷の痛みもあってちっとも眠れず、座薬を入れてもらったりしながら朝を迎えました。朝になって酸素マスクはすでに勝手に外してしまったようですが、改めて取ってもらって足にはめる血栓予防の機械も外してもらいました。

翌日から歩くと聞いていましたが、乳がんの時は余裕で歩けましたが今回はとても無理、痛くて体を起こすのも辛いし、ベットから立つのがやっとで尿管はまだ抜けませんでした。痛み止めは自分で押すタイプので辛かったら自分でボタンを押して入れるのですが、効いているのかは微妙なところ、傷がとにかく痛く1日ベッドに張り付けみたいになっていました。

ope_2.gif
こんな感じ。

その日は朝に機械先生がさっと現れ「胸はそっちの治療が終わってからでいいから」と言って去っていきました。朦朧としていたので幻のようでした。午後には母がきて汚れ物の洗濯を頼んだりしました。お水はたしか飲んで良かったので、ちょっと飲んだ記憶があります。

その夜もあちこち痛くうとうとしつつあまり眠れませんでした。もしかしたら寝ているのかもしれないのですが、すぐ目が覚めてしまって、看護師さんの見回りの度に目が合って「眠れない?」なんて聞かれてました。

そんなでしたが、朝になってなんだか気分が違います。人間の治癒力ってすごいなーと思うのですが、あんなに痛くて体を起こすのも辛いと思っていたのですが、なんだか動きたくて仕方ないと思ったのです。

まだ早朝でしたが起き上がってみる事にしました。痛いけどなんとかなりそうな感じ。点滴がつきっぱなしで止まるとうるさくなる機械にコードがついてますが、バッテリー式のようでコードを抜いても問題ないようでしたので、抜いて病室の入り口にある洗面所に行ってみる事にしました。ずっと寝っぱなしだったので、歯磨きと洗顔がしたかったのです。

おそるおそるでしたが貧血など起こす事もなく無事、洗面所に到着、顔を洗って歯磨きをして爽快な気分になりました。ベッドに戻ってからは携帯をバッグからなんとか探し出してチェック。手術前に友達からの励ましメールが来ていたのをみたりしていました。

朝の検温などの時間になり看護師さんが来たので、歩けた事を話して朝食後先生に見てもらって問題なければ、尿管を抜いて部屋を移動しましょうと言う事になりました。その日から食事も出る事になっています。二日ぶりの食事は重湯とお味噌汁の上澄みみたいのとジュースでしたが、最初は口に入れられることに感激しましたが、重湯はどうみてものりとしか思えず全部は食べられませんでした。
重湯のまずさはすごい印象的でした。母に言ってヨーグルトを買って来てもらったりでしのいでいました。

朝の回診で傷とドレーンバッグのチェックでOKが出たので、いよいよ尿管を抜いてと思ったら、なんとパジャマのズボンがびしゃびしゃでびっくりしました。管がずれたのかしらなんて看護師さんと急いで抜いてしまいましょうとトイレで抜いてもらいました。すっきりしたのですが、着替えてまたしばらくするとびしゃびしゃになってしまって、これはおかしいと調べると左のドレーンから漏れていたようでした。ドレーンが詰まっていたみたいでしごいてつまりを取ってもらいました。

ドレーンは今回は3本も入っていたのでいろいろ大変でした。何回か詰まったりでその度にしごいてつまりを無くすのですが、看護師さんは優しいのか袋側にしごくのですが、先生は体側にしごくのでめっちゃ痛くて終わったあと30分くらい横になるくらい辛かったです。

その時点で傷口は自分ではどうなっているのか分かりませんでした。テープみたいのを張ってあってドレーンの穴にガーゼがたくさん当ててあって、その上から腹帯できっちり巻いていたので、もちろん自分でのぞく勇気はありませんでした。先生からガンだったと聞いたのいつか忘れてしまったのですが、翌日には聞いていたと思います。

そして部屋移動となりました。
入院六日目 手術終了歩いてますでこれを携帯から更新したんでしょうね。

その後もいろいろありました。まず夜眠れないということです。夜ねても目が冴えてちっとも眠れないのです。3日目くらいにどうにもおかしいなと思って相談したら、睡眠導入剤が出て解決したり、解決後、念のためとまた飲んだら翌日ふらふらになって朝食が食べられなかったり、ドレーンが何度も漏れたり(最後はガーゼではなくおむつを当ててましたー)

なんか長くなってしまいましたねー手術は当日の夜が我慢出来れば、なんとかなるって感じでしょうか…?もっと朝まで意識を失うような薬を使ってくれればいいのになと思います。
ちなみに父は2回大手術をしたのですが、2回共朝までぐっすりだったと言ってました。何が違うんでしょうね??場所かな…??手術は心臓バイパス手術と十二指腸潰瘍が破裂したのと2回です〜

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





明けましてと今年初の診察 [経過観察]

前回、今年最後の診察〜と書いていたら、あっと言う間に年明けでお正月も終わり、昨日から仕事も始まって今日は今年初の診察に行ってまいりました。

今日は婦人科の経過観察です。婦人科の先生は前回移動というお話があった通り、病院のwebサイトからも名前がなくなっていて、ちゃんと今日先生に診てもらえるか心配でしたが大丈夫でした。年明けのせいもあって経過観察になってから今日は一番待ち時間が長かったです〜。

1時間くらい?抗がん剤の時は次の化学療法室の予約もある為か、すぐ呼ばれていましたが、今そう言う事も無く…待たされます。待ち時間が短いって抗がん剤時代の唯一の特典でしたねー残念[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは診察室で様子を聞かれたので、相変わらず親指の付け根が痛い事と、前回機械先生からも婦人科の先生と相談して痛み止めを出してもらったら?と言われた事を伝えました。先生も抗がん剤DCの副作用のしびれはたいがい指の先に出るようで、この関節痛は更年期でホルモンが足りないせいなんだろうね。と言われ痛み止めのセレコックス飲む事になりました。

それから一度整形外科行ってみる?と言われました。院内の整形外科に紹介状出そうか?と提案されましたが、すごく混んでいるので「家の近所の整形外科でも良いですか?」と聞いたらOKとの事で、近々行ってみようと思います。さすがにもう一科増えると総合病院は混むし、通うのが大変なので良かったです。仕事もこれ以上休みたくないしね〜

その後隣の部屋で内診となりましたが、とにかく年初めで急がしいのか先生たちも看護師さんたちも、ばたばたしていて、なかなか来ません。下半身すっぽんぽんで(バスタオルがありますが)結構待たされて、誰も見ていませんが恥ずかしかったです。

いつも看護師さんを伴ってきますが、今日は先生一人できて大急ぎで内診も終了。その後いつものように、採血して帰ろうとしたら採血のオーダーが出ていなくて(忙しさのあまり先生忘れてたみたい)戻ってオーダーを出してもらい会計して帰宅しました。
sensei.gif
走る先生
ちなみに半袖、裸足にサンダルでした。寒くないのか不思議です[ダッシュ(走り出すさま)]


いやー正月明けの病院混んでましたねー。採血も50人待ちで会計も時間かかりました。大学病院などはもっと大変なんでしょうね。行くだけで疲れちゃいますね…


以下ちょっとシモの話。

内診中に先生に「すれて痛いとかないですか?」と聞かれて、特に下着かぶれなどもないし、不自由もないので問題ないですと答えたのですが、「もしそういうことがあれば、ホルモンにあまり影響の無いお薬などもありますから言ってくださいね」と言われました。

子宮と卵巣がなくなってからおりものなどもなくなって、そう言う面では快適だわ〜とか思ったのですが、あんまり乾き過ぎもよくないんでしょうね。今はフリーなので性生活の方面は気にしなくて良いのですが…それはそれでさみしいかな[もうやだ~(悲しい顔)]


なにはともあれ、まずは関節痛ですよ
セレコックスが効くとよいですが…!

あ、初売り行きました。お買い物はやっぱり楽しいですね[るんるん]

あと、去年の今日ってFECの最後の日だったんですね。あれから1年かー1年後まさか別のガンの治療してるとは思わなかったですね。来年の今日はなんの問題もなく過ごせるといいなと思います。

では皆様、本年もよろしくお願いいたします!

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

今年最後の診療 [ハーセプチン]

先日ハーセプチン5回目を受けてきました。
針刺しも一回で決めて(さすが機械先生!)特に問題無しでした。

ハーセプチンは特に副作用も感じず楽なのですが、やっぱり更年期が〜〜〜辛いのです[もうやだ~(悲しい顔)]

関節痛がいよいよひどくなって来て、特に右の親指の付け根が痛くて、朝起き抜けはコキコキ関節が鳴る感じで、字を書いたりとかパソコンのマウスを使ったりが辛い時があって大変です。

yubi.gif
ここです

機械先生や点滴中に薬剤師さんともお話したのですが、あんまり痛いなら婦人科の先生に痛み止めを出してもらったらどうかと提案がありました。機械先生も私がホルモン治療で閉経しての関節痛とかじゃなくて、婦人科の方の病気での更年期障害なので口出しにくいみたいで、婦人科の先生にきいて〜って言われちゃうんですよね。

あと、もしかしたら腱鞘炎の可能性とかもあるので(仕事で酷使してるからね〜)整形外科にかかるのも良いかも…??とも言われました。

乳がんのホルモン治療中の方もみなさん更年期障害出たりしてますよね?どうやって乗り越えてますか?漢方はイマイチ効いてないっぽいし…ホルモンパッチが一番効きそうだけど、乳がんの既往症の場合は勧められないってきくしね。婦人科の先生もそれがネックみたいでねー

結局自分で決めるしかないんだけど。。。迷います。

でも考えてみれば私の乳がんはホルモンはマイナスだし、卵巣がんがなければ、FECで止まった生理も戻ってきてて、女性ホルモンとかの方は放置だった訳だし、そう考えればホルモン補充療法でも良いような気がする…

まあ、特に急ぐ訳でもないので、指も全く動かせないってほどでもないし、じっくり考えて決めたいと思います。
出来れば漢方頑張れですね!

お仕事は昨日で仕事納めでした。今日はお家のお掃除で家中の床をぞうきんがけしてやりました!関節痛のおかげで長い時間屈んでいられないですが、頑張りました。えらいぞ私[手(チョキ)]

去年は抗がん剤中だったので何もかも放置でしたもんね。きっと明日は筋肉痛だろうな…でも色々出来るのがうれしいです。

来年はもっともっと元気になると良いなって思います。
皆様も良いお年をお迎えください!
初売りいくぞ〜〜[ぴかぴか(新しい)]

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

先生さよなら!?? [ハーセプチン]

毎日つつがなく過ごしております[ぴかぴか(新しい)]

なんてね。ブログ久しぶりです。寒くなりました[雪]
いやでもハーセプチンに変わってから副作用もなく、更年期障害はありつつもお仕事行ったり、友達と遊んだりしながら、だんだん病気前のような生活が戻って来ました。

漢方はねーひと月飲んでますが、あんまり効いているような感じはしないです。でもゆっくり効くようなのでも今月も飲む事にしました。

で、今日婦人科の経過観察と乳腺のハーセプチンの病院ダブルヘッダーで行ってまいりました。婦人科では、体調良いです、腫瘍マーカー問題無しなどとお話していたら、先生から「僕、今月で大学に戻る事になりました」と爆弾発言[exclamation]

えーマジですか!?主治医変更とかちょっといやだなと思ったら…
「新しい先生も腫瘍の専門医なので大丈夫ですよ。でも曜日がかわっても良ければ、しばらくは週1で外来きますから、引き続き僕が診ますがどうでしょう??」と言われました。

そう言われたら曜日なんてなんとでもするので、引き続き先生お願いします!と言う事になりすよ〜。と言う事でしばらくは診てもらえる事になりました。先生は自分がいないときも体調が悪かったりしたら、すぐ診てもらえるようにお願いしておくので安心してください。とも言ってました。よかったよかった

いやー主治医の移動って他の人で話をきいたりしますが、自分に降り掛かるとは思いませんでしたよ。主治医は比較的若いぽいのですが、大学の医局に戻るそうです。公立病院なので転勤は仕方ないとはいえ、手術した先生がいなくなるってやっぱり不安ですよね。親切で良い先生なんですよーだからなおさらねえ…まあ外来で診てもらえるだけラッキーかな[手(チョキ)]

そういえば、先生といえばちょっと変わっているというか、見慣れちゃっているというか、婦人科って内診があるじゃないですか、あの足ががばっと開く椅子。あれに乗っての診察中に最近いつも「ちょっと痩せました??」って言われます。どこ見て言っているんだろう?股なのかしらやっぱり。先生にとっては日常なんでしょうね。オマタが…産婦人科だし当たり前か!

全然痩せてないんでいつも「いえ変わりないです」って答えますけど、最初はそんなところで言われてびっくりしました。だって最初にふつうの診察室であうんですからね[あせあせ(飛び散る汗)]

koko.gif
ここで聞きますか!

そしてもう一人の主治医機械先生。今日は二つ面白い事がありました。

その1
婦人科で次回予約の相談している時に、なんと27日にハーセプチンの予約が入っていることが発覚。ちょうど3週間後なのですが、もちろん私は知りませんでした。患者の都合も聞かず予約を入れる先生って初めてです。婦人科の先生と一緒に笑っちゃっいました。

婦人科先生「えーと、次はどうしましょうか…あ、27日乳腺の予約入ってますねー」
私「???わたし知らないです〜」
婦人科先生「え、、、」

こんな感じでした。本当にせっかちだな。機械先生は。結局そのままで問題なかったからいいのですが。

その2
婦人科では毎回診察後に腫瘍マーカーの採血があるのですが、今回は乳腺も同じ日だったので、婦人の先生が、乳腺のほうでも腫瘍マーカー計るなら一緒にオーダーしましょうと言ってくれました。
しかし、機械先生は今日はこっちは計らなくていいや、という事で無しに…

その後化学療法があったので、外科の看護師さんが気を利かせてくれて、点滴入れる時に採血もしてくれるように手配してくれました。
で、点滴の針刺しは外科なので機械先生自らするのですが、おかげで先生は自分が関係ない婦人科用の採血まですることになってしまいました。(通常は採血室でやります)

化学療法室にて
機械先生「あれ、採血ここでするの?婦人科の?ふーん…」

先生は処置がお好きなので全然気にしてなかったです。多分。
でも今日は初めて機械先生が針刺し失敗してしまいました。手首横の血管とうとう駄目になったのかしら?結構固くなっている様です。こまったね
ハーセプチンは30分と短いので肘の内側でやることに。機械先生は採血用の注射器に移す時に慣れないせいか、血が漏れちゃって「こぼれちゃった…こぼれちゃったよ」となっていました。すかさず、化学療法室の看護師さんが「後はわたしが…」と引き取って上手い事やってくれました。こっそり後で採血とかの処置はナースの方が慣れているんですよって言ってました。

その後の点滴は特に問題なし。でも2科またがってかかると時間もかかるし、ちょっと疲れました。


そういえば、何日か前にインフルエンザの予防接種を近所のクリニックで受けてきました。
そのクリニックと言えば、3月に私のお腹の異常を指摘してくれたところです。注射前にちょっとお話して「先生のおかげで卵巣がんが見つかって手術できました。先生に言われなかったらきっと、破裂するまで放置していたと思うので、本当に感謝しています」とお伝えしたら、「手術出来る状態で見つかってよかったね。いやあ、やっぱり私ら内科医はお腹さわらないといけないんだねー」と言っていましたよ。

一度、お礼が言いたかったので、伝えられて良かったです。

なんか取り留めもないですが、お医者さんも色々ですね。

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。