So-net無料ブログ作成
病理検査 ブログトップ

病理検査結果(卵巣がん) [病理検査]

おとといから会社へ復帰しました。
けっこう疲れます。やっぱり体力落ちているのかな?リンパ廓清の影響か足がめっちゃだるいです。家に帰ったらメディキュット履いてますよ。朝、少し楽になる感じです。

抗がん剤の副作用は今はもう感じないですね。脱毛は始まりました〜!なんと下の毛から抜け始めました。昨日くらいから髪も本格的に抜けています。短いからそれはそれで掃除が面倒ですね[あせあせ(飛び散る汗)]

19日に血液検査に行ったところ、白血球、好血球がとても下がっていて、(1500と200)熱出たら入院と言われてしまいました。ちなみに何度からですかと聞いたら、38度かなと先生言ってました。しかし、23日に再度検査したところ順調に上がっていたので、無事会社へ復帰となりました。

そのときに病理検査の結果も出ていました。
MRIとかでもそうだったし、主に痛みがあったのが右だったので右卵巣が腫れていたのかと思っていたら、なんと巨大化したのは左で左卵巣がんでした。
両方の卵巣と付属器、子宮を切除しましたが原発以外に転移は無し、リンパも44個中転移は0、腹水の中にがんは無く、腹膜も転移無しでした。ただ手術中に中身がこぼれたとのことでステージは1Cとなります。腹膜は怪しいと最初に言われていたので転移なかったのは良かったです。

しかし、問題もあって術中迅速診断では類内膜腺がんとなっていたのですが、結局、明細胞腺がんとのことで、あんまり抗がん剤が効かないタチの悪いタイプみたいです。先生も再発したらちょっと問題かなーと言っていました。やっかいですね。私、乳がんの病理もリンパ転移なしだけど、ホルモンも効かない悪性度高いタイプだったんですよね。タチ悪いの二つも飼っちゃってちょっと嫌な気分です。もう出てこないくれると良いのですが…!

左卵巣がん
タイプ:明細胞腺がん
リンパ転移:無し
ステージ:1C

来週2回目の抗がん剤です。会社復帰してまたすぐお休みになっちゃいますね〜。あと数ヶ月はこんな感じの勤務になるのかな?今回は副作用と上手く共存できれば良いな。

ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


病理検査結果 [病理検査]

病院に行ってきましたー。
病理検査の結果は無事出ていました。

良い事と悪い事がそれぞれありましたーと言った感じです。


まず診察に入って、すぐ機械先生からお話があるかと思ったら、「先に傷を見ましょう」とのことでした。

しかし、抜け目なく先生のパソコンみてしまい、悪性度3の文字!!いやだなー本人と一緒でがん細胞もタチが悪いのかと、ちょっとブルーになってしまいました。勝手に見たくせに…!

傷は問題無しで、リンパ液も抜いてもらいました。そうしたら、すごーくたくさん出ました。前回より前々回より多くて、量を聞き忘れてしまったのですが、いつもの太い注射器がいっぱいになっていました。

いつも半分以下で、30ccとか言われていたので倍以上ですね。しかも今回は色もキレイな透明の黄色で、先生に訪ねるとリンパ液オンリーで血などが混じっていないと、そういう色にになるそうです。

時間が経っているのに量がふえるものかーと感心してしまいました。


その後、検査結果の説明がありました。

大きさ:27x22x18mm
リンパ節転移:無し
ホルモン受容体:ER-、PgR-
HER2過剰発現:あり
悪性度:3
脈管侵襲:無し

ステージ:2A

まず、サイズが最初は15mmと言われていたので、予想以上に大きくてびっくりです。
それから、リンパ転移が無かったこと!これはうれしかったです。
私は最初に乳がん検診を受けたクリニックのときから、脇のリンパの腫れを指摘されていて(触ってもわからないのですが、エコーではっきり写る、しかも二つも!)、その約一月後に撮影したCTでも消えていなくて、先生も私もリンパ転移有りのつもりで治療を受けていたので、転移があるのはしょうがないけど、どうか数が少ないように。と思っていたので本当に良かったです。

でも、サイズが大きくなってしまったため、ステージは最初と変わらず2Aですね。

私のがん細胞はホルモン治療はきかないタイプで、HER2過剰発現有りなので進行が早く、悪性度も高い…とあんまり予後のいい感じはないみたいです。ちょっとがっかりでした。


で、以上をふまえて治療法の変更の提案が、機械先生からありました。

来週から抗がん剤と聞いていたのですが、私のがんは上記の通りHER2過剰発現:ありなので、分子標的治療薬ハーセプチンが効くそうです。

なので、先に放射線をやってその後はハーセプチンのみの治療を1年間とのお話になりました。

!!!来週からの抗がん剤の予定が無くなってしまいました!

さすがにびっくりして、抗がん剤はやらないのですか?と聞くと「リンパ転移がなかったし、副作用の少ないこちらの薬を使用したい」との事です。

結局、放射線をやるにしてもリンパ液が溜まっている状態では出来ないので、来週の予約を取って終了となりました。


いきなり治療方法が変わってしまって、かなり動揺してしまいました。


副作用が少ないとか(脱毛や嘔吐などがほとんどないようです。ただしアレルギーが出る人がいるので、最初の一回は入院で治療するとの事です)とてもありがたいのですが、調べると抗がん剤治療無しで使用している人の話はあまりみないしで、ちょっと不安です。
あと、料金がけっこうお高いらしいです!一回12万とかマジですか!!!?


先生にハーセプチンの冊子をいただいたので、家でじっくり見ましたが、やはり術後療法に使用する場合は抗がん剤使用後に、ハーセプチンとの流れと書いてあって、う〜んと言った感じです。


ハーセプチンをやることに異存はまったくないのですが…。
(高いけど。生きてればお金は稼げますからね)
この先もし転移とかしてしまった場合に、抗がん剤やっておけば転移しなかったかも…とか思いたくないですし。


来週もう一度先生にしっかり聞いてみるしかないですよね。結局自分が納得した上で、この先進むしかないので。


いやはや…来週抗がん剤だー!と意気込んでいたので本当にびっくりしました。


her2.gif
いただいたハーセプチンの冊子にこんな感じで描いてありました。このがん細胞にいっぱい付いている手が、進行を早めるHER2たんぱくで、これを赤い手錠のパーセプチンで動かなくして、細胞をやっつけるらしいです。
なんかすごいぞハーセプチン。
この冊子のがん細胞のイラストも無駄にかわいかったです。状況はシビアなのにね。



ランキングに参加中
ぽちっとお願いいたします~!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
病理検査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。